IFTTTを使ってGoogle Home Miniから音声入力でTwitterとSlackにpostするやつやってみた

Google HomeとIFTTTを使ってくだらないことをしました。

Pocket

こんばんは。


Google Homeから音声入力したpostの一部

くだらないことしかまだpostしていませんが、IFTTTでGoogle Home MiniとTwitterを連携させて音声入力した文言をTwitterにpostするやつやってみました。

qiita.com

基本的にこの記事にある通りでできて、10分ぐらいで設定できました。

上記の記事と少し変えた点はトリガーとなるフレーズを”twitterで $ とつぶやいて”とした点でしょうか。
(Slackでもやろうと思って区別させたかったので。)

ポイントとして、口頭で”ツイッター“と言うと、Google Home側ではかなりの高確率で”twitter“と変換されるようなので、トリガーフレーズでは”ツイッターで~”ではなく”twitterで~”と記述したほうがよさげです。
あとアルファベットの大文字/小文字も区別しているようなので、”Twitter”ではダメっぽいです。

ついでにSlackでも同じことやってみました。
ThatでSlackを選択してworkspaceに接続したのち、投下するチャンネルを指定すればOK。
ポイントに関してはTwitterと同様です。

というわけで早速家族Slackに投下してみました。

ただ画像の通り、ユーザ名がIFTTTになるので、フッターに自分の名前を入れておかないと誰のpostかわからなくなってしまいます。
そのうちIFTTT使わずに自分でアプリ実装してみようかなー。

以上です!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です